<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 関東ロードミニ選手権SP17E 3位でした | main | 弐輪道cup 参戦してみた エンジョイクラス >>

サーキット秋ヶ瀬 モトチャンプ杯SP50 最終戦に参戦してみた

どうも、やまねです。

寒いですねぇ。とうとう自宅にコタツが登場しました。
既に一回コタツで夜を明かしました。いかんらしいです。肩まで浸かれば大丈夫だと思うんですけどねぇ・・・風邪引くからダメらしいです。

さて、今回はタイムリーにいきたいと思います。昨日、11月10日にサーキット秋ヶ瀬のモトチャンプ杯最終戦に参戦してきました。
今年はレースが本当に多い・・・

雨予報が出ていたのですが、雨雲が消え、無事にドライレースとなりました。ただ朝晩は冷えました。

前日練習は自己ベスト付近で走行できていたので、特に調子悪くも無いのですが、持ちタイムとエキスパート陣のタイム差を考えると厳しいだろうなあ、とは思っていました。
とはいえ、大木選手のSP50引退レースとの事だったので、賑やかしも兼ねて参戦しようと。
2006〜2008年あたりの、大木選手をはじめ有名選手による数珠繋ぎレースをみてSP50(SP17)を始めたのです。
だから個人的には非常に感慨深いわけです。


受付時に予選グリッドを決めるくじ引きがあるのです。(秋ヶ瀬はレースを二回やるような感じで進行します)
そこで慣例のグリッド最後尾がジュースを全員に奢るという・・・無事に8番手を引き当て、難を逃れました。これを昔は遠くから見ていたわけです。ありがとうございます。ホットミルクティー・・・まずっwww

練習走行では身体とマシンを暖めながら走行。ま、可も無く不可もなく。32秒フラットあたりで走行。

予選はくじ引き8番手の位置からスタート。まるでレースさながらです。
スタートは周りと遜色なく。かといってスタートでぶち抜ける感じでもなく、1ヘアへ。
よく覚えていませんが、そこそこ中盤にいたような気がします。2週目、3週目でそれだけ多くの人に抜かれたのを覚えているわけですからwww

最後は岩井選手と撃ち合い・・・というより最終コーナーでのインの差し方とそのあとの処理が下手過ぎる。
これはまだまだ改善しないと・・・
転倒した方を除けば予選は最後尾で終了。31秒7?・・・実力相応です。はい。


決勝本選。1.2mm突き出しを増やす。最後尾は変わらないので、どうせなら突き出しを増やしてみた。どう出るかな?
せめてエキスパート陣の一人でも食いたいと思いながらスタート

スタートはあまり変わらず。どうせ前で渋滞が起きて詰まるし。
そこを一週目の2ヘア、最終コーナーで差しきって前にでないと、と思いながら何もできず。
また岩井選手の背中を見ながらのレース展開となりました。

レース中何度も最終で撃ってみたけどキッチリ返される。う〜ん。。。上手くいかないなぁ。。。
1コーナーで前にいても1ヘアでねじ込まれる。むうん。1コーナー自分の方が遅いのかぁ?
まさに泥仕合になってた最後尾争い。

ならば最終周で撃ちこんで何とか最後尾脱出をしようとしていた矢先、中盤グループで転倒して後ろについていた宮島選手に1ヘアで撃たれて失速www岩井選手にももう届かんwww
後ろは誰もいないと思ってたから油断してた。

そんな流れで秋ヶ瀬SP50はドベレースとなりました。タイムは31秒6。もうちょっとタイムは出そうでしたが、撃ちあいに終始して撃ち負けた感じです。残念ですが、実力相応だと思います。全く鍛錬が足りていません。
まずは持ちタイムを上げて、撃ち方をもうちょっと勉強しないと上位はおろか中位にも入りません。来年の目標です。


サスセットめも
フロント:ヤマハ10番135mm油面、1mm穴、5.6mm突き出し(コレの方が自分は一次旋回楽でした。)
リア:イニシャル36.7mm(ガスバルブのある面、紫〜紫で測定)、ハイパコ500ポンド、14戻し(16戻し、15戻しも試してみたけど、こっちの方が落ち着くかな。今度はもうちょっと締める方向も試してみたい。そしてもう一度525ポンドバネを)


次は遊びで弐輪道でますよ〜ヤマハ17インチレーサーが楽しみですwww
ではまた ノシ


JUGEMテーマ:ロードレース(オートバイ)
 
【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * NS50R/NSR50 * 11:02 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ