<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 弐輪道cup 参戦してみた エンジョイクラス | main | 2013年関東ロードミニ選手権 SP17 最終戦に参戦してみた >>

SSキラーズにメガリで参戦してみた

 どうも、やまねです。

めっきりと冬らしくなってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。
今年もあと一ヶ月となりました。ラスト一周気合いれていきましょう。

さて、今回はSSキラーズの事です。一週間たってみて、少し冷静に考えてみました。


まず、レースまでの整備やら気付いた事やらなんやら。

第二戦が終わってエンジンをN−Planさんに一度戻して、デコンプ入りのカムを入れて、前回のトラブルがあったところの確認をしてみました。

トラブルのあったところは無事だったので大きな問題は無かったです。が、デコンプ入りカムを入れてみた結果は特に変わりは無かったです。

桶川で見ていた方は知っているかと思いますが、旧モデルのメガリはとてもエンジンの掛かりが悪いのです。
デコンプで変わるかと思いきや、何も変わらず・・・う~ん??市販車メガリを見てるとすぐにエンジンがかかります。
やはり細かく改良を重ねてあるらしいです。クランクとか、いろいろ。その比較なんかも面白いかも知れません。何を考えて、どう改良していっているのか。

もう一つ。エンジンを下ろして車体周りを見てみると、あらためてフロント周りが重いと感じました。たぶん、リアにトラクションがかからない原因はここにも問題があるんじゃないのかなぁと。前後バランスが前に偏っている感じです。

なので、スイングアームを伸ばして角度を増やして、シート高を下げる。そしてフロント周りは突き出しを増やして全長の帳尻をできるだけ変えないようにしてキャスターをもう少し稼ぐ。あらためてこの方向を試してみてみたいですね。
フロントホイールだけ軽いやつに変えてあげるのも面白いかも知れません。

そんな事を感じました。



次にレースについて

とうとうリモーションさんも参戦してきてくれました♪
詳細はこちら
http://www.remotion.jp/blog/megelli_moto/





ずっと自分ひとりだったので、走行してもタイムだけを見ると酷い。
自分なりに頑張って走っているつもりなんだけど、これがどういうレベルかもよく分からない。
そこに比較する相手がいるっていうのは大きい事だなぁとつくづく思いました。
本当に嬉しいです。



今回のSSキラーズは台数も集まってきたので、なんとノービスAクラスはいわゆるA決勝、B決勝に分かれる事になりました。
ここまでの台数のレースは久々です。2003年ぐらいまでは予選落ち、B決勝というのが普通にあったのですが、ここ数年はまるで見ませんでした。
せめて勝てないまでもA決勝には残ろうとリモーションさんと誓い合い、予選に出向いたわけです。

メガリはトップスピードが他の車両に比べると無いので、コーナリングスピードを上げていかないといけません。
なので、他車両と絡むといきなりタイムが落ちます。

そこで、一番最後にコースイン、前とのスペースをしっかりとって、淡々とタイムを刻む事に。

46.9秒

リモさん46.8

コンマ1負けた。。。でもタイムはほぼ変わらない。うん。まあそんなもんだよね。やっぱり。


結果、ギリギリA決勝に残りましたwww 
ケツ二台メガリwww 仲がよろしいことで


レース本選自体はスタートで沈んだリモーション号を従えて逃げ切り体制。
ここは動画をリンクしておきましょうか。

MAC11HSCさん、ありがとうございますm(_)m
http://youtu.be/mhtQrY7GXwc


メガリバトル、二周目以降~最終周ぐらいが見れます。レース展開でたまたま写るのですが、面白いです。
reiji kawakamiさん、ありがとうございますm(_)m
http://youtu.be/yVSfTC6RzGI


結果はタイムはほぼ同等でスタートで前に出られたFV号の勝ちです。

あらためて動画を見てみると、コーナリングでも他の車両と比べてもあまりアドバンテージ無いなぁ。。。
軽量さを武器にしたいのに、出来ていない感じ。どうすればいいんだろうね。
唯一、1コーナーの突っ込みぐらいじゃないかな。アドバンテージがあるの。
でもパワー無いから最終手前から綺麗に立ち上がられるとホームストレートであっさりインに入られる。そうなるとどうにもならんね。そこまでのアドバンテージにならん。


今年一年通してやってきた事を振り返るとバンクも出来ないような状態からここまでレースが出来るようになったのはある意味進歩したと思う。ただ、他の車両と戦うには武器の軽量さがまるで生かせていない。
次はそこをどう磨くか、です。

そこについてはまたいずれ。具体的な考えはまとまっていません。
それではまた ノシ
【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * メガリ250R * 10:39 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ