<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2013年を振り返って | main | 今週のNSRmini車体情報 >>

新年一発目 1月3日ピン耐にNSR80エンジンで参戦してみた

どうも、やまねです。

風邪が治りません。咳が止まりません。今回はしぶといですねぇ・・・
熱や倦怠感が無いので普通に仕事してしまっているのがダメなのかもしれません。
2週間近くこの状態です。

その風邪のキッカケとなったのが3日に桶川で行なわれたピン耐でした。その後、こんな状態です。
それに参戦した際のメモです。


今回はガチ80エンジンを積んでの参戦です。去年はSP17仕様で参戦したのですが、CBR150をはじめ、パワー差がある車両を抜くのに手間取ってしまい、順位が伸びなかったのでそれを踏まえて80エンジンをのっけてみました。

仕様をざっと
エンジン:TC-mini仕様(YUEさんにてシリンダ、ヘッド加工)
キャブ:PWK28(MJ142、SJ45、JN上から3/5のクリップ位置)
チャンバー:リブラプロNS用80チャンバーのパワフルバーク(UBプラスの一世代前ですね・・・)
リードバルブ:加工CR80
ミッション:NS50F
スプロケ:14-41
ラジエター:NS50R用に一枚ガムテ(ヘッドからの水温で59度ぐらい、0.5~1枚ぐらい追加した方がベター)
ガソリン:レギュラーにパワークラスターオイル30対1(結構燃えるオイルだからこんな感じかな)
2時間で5リッター使用も1リッター弱余る。
プラグ:B9EGV、デトカンワッシャー2枚(1mm一枚でいけた・・・)







練習含め約2時間ほど走行で以下の焼け色







感想としては直線は速いねぇ・・・さすがのレベルでした。抜くときも50のような失速を考えなくても良い分、気軽にイン付きできました。ほとんどの参加車両のマシンをだいたい一発で抜けます。
上位の80マシンと比べても引けをとらないレベルでした。17インチの分、もしかしたらこっちの方が伸びるかもです。

ただ、やっぱり下が使い辛いかな。8000回転を下回ると50エンジン以上に前に進まない。半クラ当てようにもパワーがあり過ぎて非常に神経を使う。

特に最終手前の9コーナー。ここが非常に回転数を合わせづらい。速度を乗せてコーナー突入できればギリギリ合いそうだけど、耐久だと前走車が毎回のように居るからそれがなかなか難しい。M字も同様。速度を乗せられればギリギリ前に進む回転数を維持できそうだけど、前走車がいると一気に回転数が落ちる。半クラで維持しようにもなかなか難しい。

もうちょっと下からラフに開けられて前に進ませるセットの方がいいのかも、ですね。
SJかJNを一発絞ってみて、リードバルブをNSR50に戻してみるか、です。もしくはキャブ自体を純正に戻してみるか、です。130番あたりのMJでもいけるとの事なので意外とピークパワーはそんなには落ちずに扱いやすいかも。

今回はそこまでテストできなかったので、これはまた来年。

今回は総合4位であと少しで表彰台だったのに・・・
やっぱりアベレージタイムが稼げなかったのと、まだ80エンジンに慣れきれなかったが敗因かな。M字と9コーナーできっちり回転数が合う仕様になればまだまだ簡単にタイムは稼げる。
サスセットも全く詰められなかったし。フロントの油面をもう少し上げてみたかったかな。

まずは80の圧倒的なパワーは楽しかったです。今回はその一言につきるレースでした。怪我も無かったし。良い走り初めでした。

ではまた ノシ


JUGEMテーマ:ロードレース(オートバイ)
 
【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * NS50R/NSR50 * 11:45 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ