<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< モトチャンプ杯第二戦 SP50参戦 inサーキット秋ヶ瀬 | main | GPSロガーによる比較 〜桶川ミドルコース〜 ver.2014年5月 >>

2014年 SSキラーズ開幕戦にメガリで参戦してみた

 どうも、やまねです。

初夏です。初夏。暑いですねぇ・・・でも真夏の蒸し暑さが無い分、気持ちいいです。
マシンも心なしか速いですわ。ええ。

さて、今回はSSキラーズ開幕戦の話を書きたいと思います。
今月は何かいろいろと忙しくて後手後手に回っている気がします。

昨年の最終戦に一緒に出たリモーションさんは開幕戦は見送り。。。パーツ開発のため走行できない状態らしいです。う〜ん??新パーツを導入されたら勝てなくなるかもwww このままだと私の勝ち逃げですよ。






開幕戦で変更したパーツは一つのみ。swicth製のブレーキレバー99番です。NSでも利用しているのですが、握りこんでいった感覚が非常に良好。私は握力が無い方なので握りやすいレバーはとても有効です。ピストン部の厚みも違うので作用点での力の掛かり具合が純正とは違うのかもしれません。

何故にこのパーツを導入したのかというと、去年は軽さを生かした、転がしのコーナリングでスピードを稼いでタイムに結びつけようと考えていたのですが、どうもそれがサスセット的に上手くいきませんでした。








なので今年は奥まで突っ込んでクルって回ってアクセル全開。フロントだけで曲げたあとは車体を立ててアクセル全開。

まあ何といいますか、リアを信じないフロント命。

NSとは正反対の乗り方をするためにこのブレーキレバーを導入してみました。本当はキャリパーとマスターも変更したかったのですが、予算オーバーwww



そして当日ノービスBクラス予選では一番最後にコースイン。前との距離を測りながら絡まないよう走行。4stマルチや2stと絡むとロクな事にならない。。。

フロントブレーキ重視を意識しながら走行・・・その分、フロントが沈んでリアの荷重が抜け気味で暴れるという挙動が出ますが、そこは、半クラとスピードでリアを調整しながら曲がる感じで誤魔化す。曲がったらアクセル全開。まあなんというかNS乗りからしてみると転がさないで乗るとタイムが出ないから本当にコレでいいのかな、とか思いますが、致し方なし。

そんな事を思いながら走行したら、前と差が無くなったので一度調整して最終ラップに再度アタック。

最後のアタックでタイムは予選で49.5秒出ました。
一応はベスト更新です。去年は51秒切っていなかったwwww
タイムからノービスBを卒業してノービスAで本戦となりました。


このタイムしか出ていないのに4stマルチやら2stやら250モタードとやっても勝てる気がしないwww
ま、いいんです。出来る事をやる、それだけです。



本戦は以下の動画をどうぞ。
http://youtu.be/z85OzYYEc-k?t=1m4s

基本的にいい所ありません。一番後ろです。
CBR250にも付いていけません・・・ただでさえパワー差があるのにコーナリングで詰めるような走行にはなっていないので当たり前の結果です。マシンでアドバンテージあったのは突っ込みぐらいじゃないですかね。

リザルトは以下。転倒車除けばビリーです。はい。
http://osl.vc/?eid=1214


走行後のタイヤ






タイヤの荒れ具合を見る限り縦方向でしか荒れていないので、走り方的にこんなものなのかな、と思います。もう少し横方向から使いたいのですが、このマシンでは難しいのかもしれません。
路面温度から考えるとまだまだリアにトラクションが掛けられていないですね。
フロントのみ押し付けて曲がって、あとは車体を立てて加速している典型的なタイヤかと。

ストロークさせるとマシンバランスが崩れて暴れやすいので、ストロークさせずに押し付ける方向でサスセットを、、、となると、ガチガチに固めるサスですか。最近の250はその方向が多いような気がしますが、気のせいでしょうか。
グリップ感を「感じる」というより盲目的に「信じる」流れになりそうです。
そのうち転倒しそうです泣


ではまた ノシ

【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * メガリ250R * 13:40 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ