<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サーキット秋ヶ瀬モトチャンプ杯 第三戦 SP50に参戦してみた | main | DETOレーシング 走行会のスタッフを頑張ってみた >>

サーキット秋ヶ瀬モトチャンプ杯 第三戦 SP50に参戦してみた その2

 どうも、やまねです。
前回の続きです。

その1はこちら
http://fv-r.jugem.jp/?eid=117


さて、決勝レースです。決勝は湿度が下がってきたのでキャブを108番に戻しました。雨が降ったりしたらそのままで行こうと思ったのですが、思いのほか風が出てきて湿度が飛びました。107番あたりがあればちょうどヨカッタかな、とかも思います。あとで聞いてみた所、他のWJチャンバーユーザーは107番が多かったみたいです。ふうむ。やっぱり用意しないとダメっぽいすな。

スタートは5番手。ポールの真後ろになりました。目の前はユウ選手。真後ろに引っ付きたい所です。

シグナルブルーでスタート、、、、が、目の前で微妙にピヨられたユウ選手。1番手と2番手の間を狙っていた自分はちょっとアクセルを戻してしまいました。ををう・・・
その隙に竹内選手、アパチャイ先生選手、谷澤選手に抜かれていきました。

まあいつもの定位置に戻ったとも言えます。

後ろにはいつものボンクラ会。しかし視界は前方のみ。ひたすら竹内選手を追いかけます。31秒4アベレージ、ベスト31秒3です。自己ベストまでコンマ1まで持っていけました。レース展開的にはアパチャイ先生選手と竹内選手が中盤から撃ち合い始め、竹内選手が落ちてきた所、残り3周で追いつきました。

やっとエキパ陣の足元です。なかなかうまく2ヘアが処理できずに最終で撃ちこめませんでしたが、ラスト1周に2ヘアで練習で意識していた、後ろのり、一瞬ブレーキ、倒しこみ、の一連が上手くいってベタ付けられました。ここはラスト最終コーナーで撃ち込むしかありません。

気持ちは「ここで撃ち込まなきゃ男じゃないだろーーー」とテンションMAX。いいね。きっちりインに撃ちこみ、しっかりとマシンも止められ、コーナーを立ち上がれました・・・良しっ勝てたっ と思ったのも束の間。キッチリ、クロス返されました泣 タイヤ一本分捲くられました。

秋ヶ瀬の最終ってクロスを潰すラインをもっと考えなきゃダメなのね。。。
桶川の抜き方ってインにさえ入ってマシンを止められれば、次のコーナーで自動的にインにいられるからクロス潰しとかあんまり考えた事ないんだよ。。。と言い訳。

ああああ撃ち方の練習がまだ足りないねーーー残念です。
今回の収穫はやっとこさエキパ陣の足元に辿りついてバトれた、という実感とボンクラ会の2人には勝てたということ。桶川の雪辱は果たせました。くじ運良かっただけと言えますが、それも含めてレースは結果です。私は10台中8位という結果です。

全国まであと少し。目標の30秒台までもあとわずか。決勝用エンジンも仕上がってくるのでもう一度セットを合わせて、2ヘア、最終、撃ち方の練習をしっかりしたいと思います。






ではまた ノシ
【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * NS50R/NSR50 * 09:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ