<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< メガリ250で初入賞! 2014SSkillers最終戦に参戦してみた | main | メガリ250のまとめ >>

明けましておめでとうございます。〜2014年の振り返りと2015年のコト〜

 遅くなりましたが明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。


書きたいことはいろいろと合ったのですが、アップ作業やら発送作業やらレース活動を優先させてしまい、ブログは放ったらかしになってしまいました。スミマセン。


さてさて、まずは2014年を振り返ってみましょう。

桶川
2013年最終戦予選のタイム 44.5
http://www.mylaps.com/en/classification/2947054


2014年最終戦予選のタイム 43.5
http://www.mylaps.com/en/classification/3353179



ほぼ1秒のタイムアップでした。2013年のコンディションは忘れてしまったのですが、SP12のタイムを見ると2014年がコンマ3ほど速いので恐らく2014年のほうが良コンディションでやれたのでしょう。


ただそれを差し引いても0.7秒ほどのタイムアップです。2014年は全国も参戦したので練習量が大幅に多くなったのが要因ですかねぇ。やっぱり練習量のスポーツです。秋ヶ瀬も全国前に出した31.1秒でベスト更新できました。


何より毎週走行しているのでマシン状態がわかるようになったのが大きいですね。フォークオイル粘度やリアサス周りのセットなどが出しやすくなりました。


そこで2014年のサスセットをメモ代わりにまとめておきます。

フロント:10度以下 ヤマハ7.5番
     10度〜20度 ヤマハ10番〜12.5番
     20度〜30度 ヤマハ12.5番〜15番

     油面は桶川140mm、秋ヶ瀬130mmで固定

リア:ハイパコ500ポンド、バルブ面の紫〜紫で36mm
   アイレットはNSRmini用、一番低い位置から一巻き戻し
   桶川10戻し、秋ヶ瀬14戻しをベースに1〜2で微調整。夏場は締め気味、冬は開け気味


乗り方はリアの荷重を意識する事。荷重が掛かり始めたらアクセルは開けていける、と。
今年一番のヒントが「加速するポイントが遅いよ」の一言でした。
当たり前のコトでしたが、それをあらためて意識してみると全然変わったのが驚きでした。


今年はその方向性でセットを詰めていければもっとタイムは出るハズです。とは言えタイヤの減りが早いですね。特にBSのリア。縛りもないので今年はDLも交えてテストしていきたいですね。

エンジン周りはチャンバーを新規に入れるかも、です。まだ分かりませんが。


そんな感じでNSを中心に活動をしていくと思います。桶川6戦、秋ヶ瀬3戦という所ですかね。あとはスポットでSSキラーズになるかと思います。


メガリ250はマシン開発はRHPさんが行い、そのテストを私とRHP若手?でやる感じになりそうです。
ディメンションを直せば軽量250の良さがまだまだ出てくるハズなのでこれも楽しみですね。


それでは今年も何卒よろしくお願いいたします m(_)m

【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * NS50R/NSR50 * 10:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ