<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明けましておめでとうございます。〜2014年の振り返りと2015年のコト〜 | main | ウィンドジャマーズT7チャンバーを利用してみた 〜2015関東ロードミニ選手権開幕戦〜 >>

メガリ250のまとめ

 どうも、やまねです。

寒い日が続きますね。こういう日はミニバイクで走り回るのに限ります。
うん?いつも聞こえてくるって?一年中ですけど何か??


ま、そんな話は置いといて、昨年まとめきれなかった事をぼちぼち書いていこうかと思います。その一つとしてメガリ250のまとめですね。



【ファーストインプレッション】

タイヤの接地感が感じられない。全体的に硬い。バンクさせるのが怖い。

軽さはあるが、それを生かせていない。



【変更点】

・ シートレールの変更を行い、シート高を下げてみる。

タイヤの接地感が感じられるかと思ったが、さほど変わらず。ハンドルの位置による前傾がマシになった。個人的にはもっと下げたいが、マフラーやキャブボックスの関係で断念。


・ ハンドル位置の変更

トップブリッジ上に持ってくる。ハンドル切れ角を少なくして対応。ポジションはかなり良好。


・ バックステップ位置

純正のステップバー1つ分上ぐらいの位置。


・ リモーション製フォークテックバルブ

あまりストロークさせない方向でやる分には有効。ストロークさせる方向だと逆に働きそう。


・リアサス変更

NS用QJ-1の減衰仕様変更、バネを650ポンド利用。アイレットを別途製作。あまり変わらず。サス周り云々じゃなさそう、と判断。


・ switch製ブレーキレバー

良好。握りやすく、効きが良くなった。


【現状】

エンジンに関してはパワーがあるに越したことは無いと思うが、それを受け止める足回りが無いと意味が無い。そして、その足回りはまだ出来ていない。エンジン周りはポート形状変更や吸排気を見直すだけでパワーはまだ稼げそうな感じ。


足回りに関しては接地感の無さが未だに解消できていない。

リアにトラクションが掛けられないのが原因にあると推測している。恐らく前後の重量バランスの問題では無いかと思っている。非常にフロントが重い。今後はその実証が必要。


現状ではフロント重視の乗り方の割りには向き変えがしづらく、スピードをかなり落とさないといけない。その後、アクセルを開けてもリアにトラクションが掛かりづらく、前に進まない。かと言って転がそうにもグリップ感が無いため、転がすのも限界があり、どっちつかずな印象。ピレリ製タイヤのグリップに頼るしかない状況。

軽さを生かした走行が出来ればCBR250街乗りベース相手であれば戦えるマシンになるかと思う。ミドルコース44秒フラットあたりまでは出ると思う。


以上です。


今年はRHP松川さんに引き継いだのでここをどう改善してくるかが見ものですね。噂ではGワークスさんと前後配分の見直しを行っているとか何とか。ほほう。ロード走らせる前に桶川でシェイクダウンしたい所ですよね?たぶん。


ではまた ノシ

【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * メガリ250R * 10:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ