<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< メガリ250のまとめ | main | 2015関東ロードミニ選手権開幕戦 SP17に参戦してみた >>

ウィンドジャマーズT7チャンバーを利用してみた 〜2015関東ロードミニ選手権開幕戦〜

 どうも、やまねです。

そろそろ花粉が舞いだしました。鼻がむずってきましたねぇ。。。嫌な季節です。
10年ぐらい前ににもてぎを走行してから花粉症になりました。今もあそこは花粉が凄いんでしょうか。。。




さて、一昨日桶川スポーツランドで関東ロードミニ選手権開幕戦がスタートしました。たぶん日本で一番早い開幕戦でしょうね。今回はその話です。久々にタイムリーに書きますwww




1月〜2月にかけてノーマルチャンバーで走行して修行していました。リアのトラクションを意識してしっかり曲げてリアを入れてアクセルを開ける事。この練習を繰り返してました。クリップ手前で出来るように何度も何度も繰り返していました。

そして、これをSP仕様に戻した時に上手く出来れば、と思いレースウィークを迎えました。




【レース前日】

前週の走行では48秒フラットのタイムというビギナーどころかフレッシュマンクラスのタイムだったので、そこから仕上がるかがもの凄く不安でした。原因は恐らくタイヤとコンディション(天候と自分)のせいだと推測していたのですが、万が一それが違った場合が恐怖です。

とりあえず一発目からウィンドジャマーズの新型T7チャンバー投入。タイヤも1レース使用の良好タイヤ。ここである程度タイムが出ないと・・・まずい。かなりまずい。





新型チャンバーの特性を見つつ、タイヤの状態も安定した所でタイムアタック。47秒フラット付近。46秒台にかする感じ。おおおぉぉぉ良かったとまずは一安心。推測は当たってたわけですね。


新型チャンバーを試した一発目の感想はT5に比べてだいぶ高回転よりになったなぁ、というのが印象でした。T5用のウコウファンネルだとあまりにもトルク感が薄く、アクセルのツキもイマイチだったのでRH松島のファンネルに交換。




2本目。太陽も登ってきて路面がだいぶ温まってくる。松島ファンネルとT7チャンバーの組み合わせもかなり良好。アクセルのツキも良くなり、トルク感が増える。高回転域ではT5とは比べ物にならないほど前に進む。桶川新コース2コーナー立ち上がりがいい感じ。M字がT5よりややシビアな感じもあるけど、上手く回転が合わせられれば速い。ここでこの日のベストタイムを刻み、46秒4。自己ベスト更新です。






3本目。RH松島ファンネルよりやや長いチャウチャウファンネルを使ってみる。高回転域でのパワー感はこっちの方が上でした。が、M字がかなりシビアになり、失敗した時のリカバリーが難しかったです。一発のタイムはもしかしたらこっちの方が出るかも、と思いながらもトータルバランスで松島ファンネルに決定しました。タイム的には46秒5。




4本目は松島ファンネルに戻して走行。M字での回転合わせの練習。。。ここでも46秒4は出たのでいつでも自己ベスト付近が出せることが確認出来ました。うん。いい状態ですわ。スリップを使った一発のタイムでは無く、積み重ねて出したタイムは強いです。


そしてレース当日を迎えるわけです。つづきます。

 
【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * NS50R/NSR50 * 17:56 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ