<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ウィンドジャマーズT7チャンバーを利用してみた 〜2015関東ロードミニ選手権開幕戦〜 | main | 関東ロードミニ選手権 第二戦 のまとめ 〜表彰台獲得〜 >>

2015関東ロードミニ選手権開幕戦 SP17に参戦してみた

 どうも、やまねです。


前回のブログ更新からだいぶ経ってしまいました。。。今年はどこまで書けるんでしょう。

最近何か忙しい気がします。景気が良くなってきたのですかね。ウチは変わらずなんですが。。。



さて、関東ロードの開幕戦の続きです。忘れそうですねwww

前日の晴れた良コンディションとはうってかわって今にも雨が降り出しそうな凍える日となりました。ここでサスセットをどうするかどうかを迷っていたんですが、まずは公式練習で様子見。

46秒台に入ることを確認して、サスの様子をみる。結果・・・このままで行くことに。寒くてもタイヤがグリップしたので、フロント周り、リア周りも変更せず。

サスメモ書いときます。

フロント:ヤマハ10番、140mm油面、1mm穴

リア:ハイパコ500ポンド、12戻し、紫〜紫間36mmイニシャル


【予選】
公式練習の際にSP-MIDの車両に引っかかってしまったので、早めにコースインすることに。3台前にいたけど、3周目ぐらいには全部抜いて単独走行へと。スリップが使いたかったけど、前3台とはイマイチ合わないので単独でタイムを出しにいきました。

46.3でしっかりとベスト更新。うむ。これでタイムアタックはお終いにしました。谷澤選手もタイムアタックを終えていたので、合わせる事もなく・・・予選2番手です。谷澤選手は45.8秒まで出していました・・・ううむ。これはスリップを使っても届かなかったか。


【レース本戦】

スタートは失敗もなく、可もなく、不可もなく。。。SP17の3台はほぼ変わらない状態でスタートとなりました。

しかし、自分が一周目のM字の立ち上がりでエンジン回転数をうまく合わせられずに膨らんでしまったのです。そこに3番手のクラシマン選手が差してくる。。。完全に差された感じの所に自分が粘ってしまい、小接触。失速した所でSP-MIDのシルバ選手に抜かれてしまいました。


これがきっかけで頭が冷えました。冷静にシルバ選手を追い抜き、クラシマン選手を追いかけようとした矢先、クラシマン選手は転倒。抜き差しでタイムが落ちる心配が無くなった所でワンコーナー先にいる谷澤選手を見ながら全力プッシュ。ベスト更新の46.2秒、アベレージで46.3あたりでした。ジワジワ追いつくかな、と思いきや距離を見ながら調整されていた感じでしたね。届きません。残念。


レース中のファステストラップを初めて取りましたが、展開がまだまだなレースでした。タイムは同等レベルまで出せるようになってきたので、このベストタイムをレースのどこで出せるかが大切なんだな、とあらためて実感しました。


あとはレース序盤の位置取りです。ミスはミスで仕方無いので、そのリカバリをどうするかでした。9コーナーでインをガン締めするか、クラシマン選手に綺麗に抜かせて後ろに付けば谷澤選手との差は違ったハズです。変に粘った時点でNGでした。一番ロスる選択肢を取ってしまったわけです。まだまだエキパレベルには届きません。


そんなレースでした。コース入った直後にベストタイムが出せないと展開に付いていけない、そこが次回までの課題です。要練習です。次は頑張ります。

ではまた。ノシ


youtubeでSP-MIDの中居選手のオンボードカメラが上がっていたので以下にどうぞ。

https://youtu.be/K4AjRdXWzNc

【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * NS50R/NSR50 * 11:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ