<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 榛名スポーツランドに行ってみた 〜レン耐に参戦〜 | main | 関東ロードミニ第5戦に参戦してみた 〜試行錯誤中〜 >>

夏の思い出 〜SUGOから関東ロード、筑波ロード〜

 どうも、やまねです。

めっきりと秋らしくなってきましたねぇ〜
あの35度オーバーのひたすらキツい暑さで走ることももう無いでしょう。良いような悪いような・・・

さて、そんな夏の中に参戦したレースをまとめてメモっておきます。ただし、ロクな結果になってませんwww 悪い流れが継続してます。
ここは我慢の時です。

まず、一つ目。SUGOミニバイク6時間耐久。8月9日です。去年に引き続き、スーパーカブで参戦しました。
以下は去年のブログ。




今年は前日練習でエンジンブロー







裏ストレートの4速全開リミッター効いている状態の118km/h付近からの2速落とし?だったのでしょうか・・・一発で排気側バルブがOUTです。ピストンにも穴が空いてどうにもなりませんでした。
本戦にも出場出来ませんでした(´;ω;`)ウッ…

敗因は準備不足なんでしょう。いろいろと。カブに慣れてないライダーのブッツケもそうですし、予備エンジンも用意出来なかったのもそうですし、私ももっとヘルパーとして動かないといけなかったですし・・・いろいろ準備不足です。これはまた来年。ハングアウトさんからお呼ばれされれば全力を尽くします!


そして翌週の8月16日。関東ロードミニ選手権参戦。
結果SP17としては散々な結果でした。





ファイナルを15-44でT7チャンバーの組み合わせでやったのですが、1コーナー付近の伸び、2コーナーの立ち上がりが弱かったです。
15-43かやっぱり14-41で合せられるようにしないとダメっぽいです。

一番はラップタイマーの誤差が出ていたのが敗因だったかと。単独走行でセットしていたのですが、タイムと感覚を合せていく作業にズレが出たのが大きいかったのかな、と。
単独で46.5秒出たと思って一安心してたら実際は46.8ぐらいだったようです。当日初めて他車と合わせたらアレ?って感じになりました。

内部にラップタイマーはリアルタイムクロックのモジュールを組み込んでいると思いますが、温度による誤差が出たのだと思います。
各モジュールメーカーの仕様書を見てみましたが、おおよそ40度〜50度を超えてくると誤差が激しくなるようです。ラップタイマーにどこのモジュールを組み込んでいるか分からないので、誤差がどこまで出るかは分かりません。ただ、気温32度超えで実測コンマ2ぐらいの差が出る場合がありました。まあ比較したGPSロガーもどこまで精度出ているか分かりませんが。

暑いと誤差が出やすい。当たり前ですが勉強になりました。夏場はGPSも使用してセット詰めていけるようにします。

セットメモ
フロント:右ヤマハ15番135mm油面、左カヤバ20番135mm油面。→ レース直前ヤマハ15番へ変更
リア:紫〜紫38mm、8戻し、ハイパコ500

フロントは失敗。カヤバ20番を片側に入れてた方がブレーキ安定していた。握り込めなくなってしまった。バランスが崩れたせいかリアの挙動も不安定に・・・

もう一度リアにアイバッハ525、フロント130mm油面にチャレンジしてみたい。


で次。9月12日に筑波ロードレース選手権にTC250クラス参戦予定・・・が、DNSになります。諸事情で参戦は取りやめます。残念です。。。
シリーズ追いかけているわけでは無いですし、クラスが無くなる感じもありませんからまた来年どこかで参戦します。レギュ変わったらやだなぁwww






で、そんな訳で秋ヶ瀬マルチ杯出ようと思ったけど、腰痛激化で参戦見合わせ・・・

なんか噛み合いません。練習しようにも身体が動かず、マシン整備もままならないです。
我慢の時です。
次の関東ロードまでにはマシン、身体ともに完璧にして今度こそトップ取りたいです
(`・ω・´)ゞ

ではまた ノシ
【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * サーキット走行日記 * 09:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ