<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏の思い出 〜SUGOから関東ロード、筑波ロード〜 | main | 貸トランポはじめました。 >>

関東ロードミニ第5戦に参戦してみた 〜試行錯誤中〜

 どうも、やまねです。

秋の花粉ですかね、鼻風邪ですかね、ズルズルです。
いかがお過ごしですか。1ヶ月ぶりの更新です。

やまねは9月から貸トランポなるものをスタートさせてまして、その準備やらスタート直後のドタバタで忙しくなってしまっています。詳細は次回のブログに任せまして・・・今回は先週10月4日に桶川SL行われました関東ロードミニ選手権に参戦したので、その話にします。


前回の8月の関東ロードミニでは惨敗してしまったので、いろいろと変更して試行錯誤なレースとなりました。

主に走り方。前々から言われていた事だったのですが、私は各コーナーの加速ポイントが遅いんですね。それをごまかすために高い旋回速度を保って転がし優先で走っていたんですが、いい加減これを変えようと。夏場とかエンジンパワーが無い時やタイヤがタレてきた時にがキツいんですわ。

で、なんで早くアクセル開けられないんだろう、と。その時思ったのがターンインの時のリアサスの沈み込みが遅い、と。リアサスのおいしい所にいくまでに時間が掛かる、と。ならここから変えてみようとしました。

OH兼ねてN-plan中釜さんからアドバイス頂きました。
・膝付くまでの挙動が遅い→イニシャルの場合が多々
・膝ついた後は減衰やバネレート。リアが逃げる場合はバネレートが足りてない可能性

で、自分のリアサスを見てイニシャル掛け過ぎだよ、といわれてしまいましたwww
一応、沈み込みを早くする仕様変更も。

で変わった点をロガーで確認。



まだ精度が上がりませんが、一応は変化が見られましたね〜
桶川旧コースの1コーナーでの最低速度ポイントが手前に来ました。そしてそこから速度の乗り方が変わって、3コーナー手前で80km/hオーバーです。8月に走行したものが赤色、今回の走行は緑です。縁石をアクセル開けながら通過する感じは今までに無かった感じです。これが「速い」んだと思います。あとはこの感じを毎回得られるよう練習です。


実際のレースはまだまだサスセットが詰められてないので今ひとつでしたが、ある程度納得できるタイムも出ました。
ざっと書いていきます。


【予選】
アパチャイ選手の後ろでタイム出そうと思ったらうまく付けなくて単独走行に・・・失敗したなぁ・・・アクセル早めに開けられるよう微調整しながら走行。慣れてきたラスト2周でタイム出ました。ふう〜 39.8でまずまず。単独でコレならまあまあでしょうか。


【決勝】
4番手イン側。スタートはまずまず。ただ目の前の磯間選手(なぜにSP12エキパクラスに居ないんですかね???)がやや遅れたために1コーナーで磯間選手の真後ろインベタ取れず、そこに吉田選手にねじ込まれました。自分もややはらみ気味に。
その後、打ち合いがありまして、3番めにゴールイン。クラス2位ですが、谷澤選手には全く届かず、アパチャイ選手にも歯が立たない状況でした。吉田選手を抜いた後、磯間選手、谷澤選手に追いつける持ちタイムが必要でしたねぇ。ここは自力不足です。

レース自体は面白いんじゃないでしょうか。打ち合い多いです。後半は落ち着きますが。
かるがもさん撮影動画です。リンク貼らせて頂きます。ありがとうございます。


もうちょいサスセットを詰めて、走りこんで精度を上げられればまだまだイケるので、次に期待です。光明が見えた感じのレースでした。


で、肝心のサスセットメモです。

フロント:ヤマハ10番、130mm油面。突き出し4.8mm(リアがまだ決まってないので仮セットです)
リア:アイバッハ525、イニシャルバルブ側で紫〜紫31.5mm、12戻し

ハイパコ500のイニシャル38mmからごっそり抜いて、525ポンド利用のイニシャル抜きです。こっちの方が感覚的には柔らかく感じます。これでリア、ストロークし過ぎでした。やや底づき気味。550ポンドを次回は利用してみたいです。

その後、フロントを詰める感じです。まだ4コーナーや5コーナーでややアンダー気味なので、もうちょい切れこむ感じで詰めたいですね。


勅使河原様 撮影 ありがとうございます。





本多様 撮影 ありがとうございます。





ではまた ノシ



【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * NS50R/NSR50 * 10:09 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ