<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 久々にNSR250RKに乗ったよ | main |

NS50Rでロッソコルサ2を試してみたよ in桶川SL

どうも、やまねです。お久しぶりでございます。

2年ぶりぐらいのブログ更新ですかねwww

 

まあなんで更新したかというと、実は最近、ピレリから気になるタイヤが発売されたんですね。

ディアブロ ロッソコルサ2 90/80-17 フロントリア共用です。アンダーボーン用として開発されたタイヤですが、これNSでも使えます。ダンロップからKR410が発売されているので、その対抗製品ってところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを桶川スポーツランドでテストしてきました。基本、ブリヂストンBT39SS派の自分ですが、エポックメイキングになる可能性もあるので試さないわけにはいきません。

 

 

まず1本目と2本目はシビアコンディション用のフロントBT39SS、リアKR410の組み合わせで体慣らししながらタイムを整えます。

基準的には47秒0~3ぐらいのアベレージで安定させました。レース時よりタイムが落ちるのは仕方ないですが・・・ここが基準です。

 

3本目からロッソコルサ2を投入。空気圧は冷間1.4で普段より高めに設定。軽く乗った感じではギャップを拾った時のガタガタが気になりました。フルバンク時もまだガタつきます。ふうむ。。。ただ、乗った感じではKR410より軽いハンドリングです。良い気がします。

 

4本目、空気圧をコンマ1下げます。冷間1.3です。普段が1.25なんでだいぶ近づいてきました。走行した感じではガタつきは少なくなり、もうちょいペースを上げていきます。タイムは47秒フラットが出るも、やや安定しません。ただ、ブレーキ握りながら曲がるようなところ、4コーナーとかではあるバンク角ではビタッと張り付きながら切り込みながら曲がりました。この感じはKRにはありません。個人的にはgoodです。一方でM字が苦しいです。転がした時の減速感がハンパないです。まあグリップが強いんでしょうね。

 

5本目、減衰を少し掛けてリアの動きを弱めてみます。フルバンクでアクセル開けた時、曲がっていきますが、、、フロントの減衰が不足している感じでしょうか。ちょっとバランス崩れ始めてきました。タイムは変わらず47フラット。ただ前半で安定しました。

 

6本目、前後BT39SSです。比較するとやっぱり軽快感からくる旋回性の良さが光ります。タイムは46秒9が安定的に出ます。不安感との表裏一体なところがありますが、BT39SSはやっぱり良いですね。あらためて認識しました。

 

 

こんな所が各走行毎の感想です。タイム的にはBT39SSが出ましたが、これは路面温度も下がってきて、コンディションが良くなったせいもあります。もっと暑い時や寒い時はBT39SSの不安感の顔を出すと思います。

これを考えると、グリップ感は高い一方でKR410より軽いハンドリングなので、個人的にはKR410を前後履かせるならロッソコルサ2を選ぶでしょう。

 

ただ、マシンを転がして曲がろうとした際の減速感はKRより激しい気がします。なので、アクセルOFFだけで曲がるコーナーやアクセル全開のままで曲がるようなところはグリップのせいで逆に遅くなると思います。モテ北とか、筑波コース1000とかではこのタイヤは合わないと思います。桶川あたりならセットアップと乗り方次第かな、と。タイムもほとんど変わらなかったですし。秋ヶ瀬あたりだったらこっちの方が速いかも、です。良さを活かしやすいと思います。あと4stのトルクがあるとなおいいと思いますwww

 

とにかく転がす時間をどれだけ少なく出来るか、フルバンク状態での加速をどれだけ短く出来るか、これに尽きるでしょう。桶川や秋ヶ瀬あたりだったら言うほど悪くは無いと思いますよ。

 

ではまた

【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * NS50R/NSR50 * 18:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ