<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< RS125のフレーム補強についてのメモ | main | NS50Rのサスセッティングの考察 >>

90年式NSR250RKのパーツをチェックしてみた

どうも、やまねです。

今週のブログアップがかなり遅れてしまい、失礼いたしました。
パソコンの入れ替えをしていたら色々と時間がかかってしまいました。
データ量が100GBクラスになると移動させるだけでも数時間レベル・・・


さて、今回はNSR250RKの各パーツをパーツリストから拾ってみて何が違うのか見てみようかと思います。

このパーツリストも非常にレアです。








シリンダヘッド
12210-KV3-830 → 12210-NH3-760
12220-KV3-830 → 12220-NH3-760

シリンダ
06121-KV3-830 → 12101-NH3-760

ケース
11000-KV3-832 → 11000-NH3-760

クランクシャフト
13000-KV3-830 → 13000-NH3-760

RCバルブ
06140-KV3-830
  ↓
14203-NH3-760
14204-NH3-760

キャブ
16100-KV3-831 → 06160-NH3-750

リードバルブ
14100-KV3-832 → 14100-NF5-750


ほかにもチャンバーやラジエター、フラホ、ACジェネ、Fキャリパ、Rマスタなども変わっているのですが、割愛します。何かの機会に紹介いたします。

面白い所ではRCバルブでしょうかね。左右で品番が違うのです。FとRで品番が分かれているのではなく、R,Lで分かれているのです。通常のNSR250では同じ品番なので、何かが違うのでしょう。
ここら辺はバラしてみないとわかりません。

クラッチ周りは同じ品番ですね。トランスミッションもNF5やNH3品番、KV3品番が混在しているのですが、これはギア比なので割愛しました。

AVガス仕様なので、RS250ともNSR250とも違う、相の子のようなエンジンですね。


ほかのところで面白い所はホイールぐらいでしょうか。

Fホイール
44600-NF5-750(3.5×17)

Rホイール
42650-NH3-305(4.5×17)

FホイールがRS250と同じものですが、微妙によくわからないんです。
2011年2月12日現在、F3キット用のNF品番のFホイールを在庫しているのですが、微妙に形状が違うのです。以下はRKのホイール。






ホイール中央の錘を取り付けるステーのような所の有無です。パーツリストの内部のイラストでは在庫しているホイールのようにステーが無い、のっぺらとしているのですが、これはステーがあります。なので、一瞬、純正SPのマグテックかと思ったんですが、パーツリストの表紙の画像を見る限りステーが付いているのです。

・・・不明です。どっちが本当のNF5品番のホイールなのでしょうか。改良が入る事もあるので、その差かも知れませんね。今後の宿題にします。

ではまた ノシ


JUGEMテーマ:ロードレース(オートバイ)
 
【PR】高断熱ブラインドシェード
ファインビークルの中の人 * 90年式 NSR250RK * 12:44 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ